京都のお弁当屋さんのお弁当を持って、京都の桜を見に行こう①

3月も半ばに入り、三寒四温の毎日です。別れや出会いが多い時季、また花粉症に悩める時季でもありますね。日本特有の四季、毎年の桜を楽しみにされている方も多いことと思います。毎年決まった場所を訪れていらっしゃる方、今年はどこにしようかと、毎年訪れる場所を変えて桜を堪能される方と、さまざまでしょう。今年の京都の桜(ソメイヨシノ)の開花予想は、3月23日頃となっています。暖冬により、休眠打破が遅くなるとの予想ですが、休眠打破後はその遅れを取り戻すべく花芽の生長は早くなると見込まれています。なお、満開は4月2日頃と予想されています。

嵐山

  • 嵐山は、「日本さくら名所100選」にも選定されている桜の名所で有名です。桂川左岸と中洲である中ノ島公園の間にかかる渡月橋から望む、右岸および左岸のヤマザクラは、日本の原風景とも言われています。嵐山には、嵐山公園と嵐山東公園とがあり、嵐山公園は、亀山地区、中ノ島地区、臨川寺地区の3地区から構成されています。亀山地区は渡月橋よりも上流にあり、亀山公園とも言われています。なお、裏側は世界遺産の天龍寺にあたります。また、中ノ島地区ではイベントが行われ、臨川寺地区ではテレビの撮影が行われたりしているようです。いずれの地区にも桜が植えられているため、桜を満喫出来ますね。おすすめの散策ルートとしては、中ノ島地区から渡月橋を渡り、天龍寺に向かうルート(おおよそ5分ほど)が挙げられています。平安時代より絶好の景勝地として親しまれて来た、嵐山、是非お弁当を持って赴きたい桜の名所の一つです。なお、嵐山東公園は中ノ島地区から下流にある、松尾橋にかけて河川敷一帯の広場を指します。桜はもちろんのこと、児童広場やスポーツ広場、八幡市まで伸びるサイクリングロードもあります。家族連れにも嬉しいですね。
  • 嵐山公園

    <所在地>

    〒616-8383

    京都府京都市右京区嵯峨・西京区嵐山

    ●アクセス

    JR嵯峨嵐山駅から徒歩約15分

    京福・阪急嵐山駅から徒歩約5分

    京都バス バス停留所「嵐山」から徒歩約3分

    嵐山東公園

    ●アクセス

    阪急嵐山駅または松尾駅から徒歩約5分

    **********************

    ☆おすすめのお弁当

    嵐山の花見にピッタリのお弁当は、こちら。その名も”嵐山”です。

    彩り御膳 嵐山

    販売価格:880〜1,000円

    お昼は、桜の下でこの嵐山弁当を、歩いて桜を堪能した後のブレイクタイムには、スイーツを。京都のスイーツと言えば、”抹茶”ですね。嵐山周辺においても、抹茶スイーツ(もちろん他のスイーツも)を味わえるお店がいっぱいあるようです。さて、お弁当「彩り御膳 嵐山」は、趣がある九升のお弁当箱に斜めに梅と高菜の丸いおにぎりが3つ横断するように入っています。嵐山の木々を表しているようですね。残りの六升には、ハンバーグからフライ物、ポテトサラダと種々のおかずが入っています。うち二升を占める“おばんざい”。京都らしくて良いですね。