前日に作っておいて安心!時間が経っても美味しいお弁当用のおかず4つ。

お弁当はおかずを作る手間がかかるだけではなく、冷めてから詰めないと味が落ちたり傷んだりするため忙しい朝に作るのは大変です。冷めても美味しいおかずや作り置きできるおかずを前日に作っておくと、翌朝は詰めるだけでよいので玉や負担を大幅に軽減できます。

今回はも弁当に最適な時間が経っても美味しいおかずをご紹介します。

 

ミートボール

子供にも大人にも人気のミートボールは、脂肪分が少ない豚ミンチで作ると冷めても硬くなりにくく、時間が経っても美味しく食べられます。小分けにすれば冷凍可能なので作り置きにも最適です。

 

【材料】

・豚ミンチ:200g

・パン粉:大さじ2

・牛乳:大さじ2

・塩:少々

・コショウ:少々

 

【作り方】

1:材料を全てボウルに入れ、粘りが出るまでよく混ぜる

2:18個に分けて丸め、大きめの耐熱皿にタネ同士がくっつかないよう並べる

3:ふんわりラップをかけてレンジで2分加熱し、タネをひっくり返してさらに2分加熱する

 

ケチャップなどでソースを作り、出来上がったミートボールに絡めたり、ソースで煮込んだりして味付けすれば完成です。照り焼きソース、デミグラスソースなどソースのバリエ―ッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

鶏のから揚げ

お弁当のおかずの定番である鶏のから揚げは冷凍保存可能なので多めに作って作り置きしてもよいでしょう。

 

【材料】

・鶏肉:300g

・卵:1個

・片栗粉:大さじ4

・塩麹:大さじ3

・にんにく:小さじ1

・ショウガ:小さじ1

・コショウ:少々

 

【作り方】

1:鶏肉を一口大にカットし、片栗粉、卵以外の材料と一緒に袋などに入れて揉み込む

2:15分ほど寝かせたあと溶き卵を加えてしっかり絡め、片栗粉を入れて混ぜ合わせる

3:180度の油で揚げる

 

塩麹を使用すれば、むね肉やささみなどでもしっとりと仕上がります。

 

出し巻き卵

卵は水分を加えてから火を通すと冷めても固くならず、しっとりとおいしく仕上がります。かつお節などからとった出汁を使ってもよいですが、顆粒だしをぬるま湯で溶いたり、市販の白だしを使うと手軽です。

 

【材料】

 

・卵:2個

・白だし:小さじ1

・水:小さじ2

・砂糖:好みで

 

【作り方】

1:ボウルに卵を割り入れ、白だし、水、砂糖を加えて白身を切るように混ぜる

2:油を敷いたフライパンを弱火~中火にかけ、3~4回に分けて巻きながら焼く

 

砂糖は入れなくても問題ありません。量が多いと焦げやすくなるので注意してください。

 

ミルフィーユかつ

トンカツは冷めると硬くなってあまりおいしくありませんが、薄切り肉をたたんで作るミルフィーユかつなら硬くなりにくくおいしくいただけます。

 

【材料】

・豚薄切り肉:8枚

・塩:少々

・コショウ:少々

・小麦粉:適量

・卵:1個

・パン粉:適量

 

【作り方】

1:豚肉を広げて塩・こしょうをふり、折りたたんで一口大程度に形を整える

2:小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつける

3:フライパンに油を入れて熱し、全面がキツネ色になるまで揚げ焼する

 

好みでシソやチーズを挟んでアレンジしてもよいでしょう。

 

まとめ

このほか、野菜の煮物や魚の味噌漬け、みりん漬けなどのおかずもお弁当に最適です。

また、保存できる期間はおかずによって異なりますが、冷蔵は3日以内、冷凍なら2~3週間以内に食べきるようにするとよいでしょう。