岩塩は肉料理、海水塩は魚料理に合う?塩の種類3つと上手な使い方について。

 

塩は人間にとって必要なミネラルである「ナトリウム」を主成分とした調味料で、食材に味をつけたり味を引き締めたりするだけではなく、塩漬けなどをはじめとした保存食造りなどに欠かせない存在です。

塩の味というと「しょっぱい」というイメージがありますが、実際は産地や種類によって味に違いがあり、その食材に合う塩を選ぶことで料理の味わいを上手に引き立てることができます。

塩にはどのような種類があり、どのように使い分ければよいのでしょうか。

 

塩の種類

塩の種類は「原料」「製法」「形状」によって分けることができます。製法や形状の違いは塩の味わいや味の感じ方を左右する要素ではありますが、味に最も影響を与えるのはなんといっても「原料」です。

今回は、原料による塩の種類をご紹介します。

 

【海水塩】

海水塩は海の水を凝縮・結晶させて作る塩のことで、日本ではもっとも一般的なタイプの塩といえます。マグネシウムやカルシウムといったミネラルを多く含んでいるのが特徴で、魚介類や野菜と好相性です。

また、海水塩には特殊な浸透膜を使って製造する「食塩」、塩田に海水をまいて太陽と風の力で作る「天日塩」、釜などを使って煮詰めて作る「平釜塩」があります。

 

【岩塩】

岩塩は、かつて海だった場所が地殻変動で盛り上がって陸地になった後、海水の塩分が地中で結晶化してできる塩のことです。日本では産出しないため、基本的には外国産となります。

ヒマラヤで産出する「ピンク岩塩」や「クリスタル岩塩」、アンデス山脈で採れる「アンデス岩塩」などがあり、産地などによって味わいに大きな違いがあります。

海水塩に比べるとナトリウム分が高く塩味が強めです。魚料理にも合いますが、肉料理の下味付けや、食べる直前の「仕上げ」などに適しています。

 

【湖塩】

湖塩は「ウユニ塩湖」や「死海」といった塩分濃度の高い湖の水から作った塩です。口当たりと味わいがよいのが特徴ですが、流通量はあまり多くありません。

 

このほか、海藻に海水をかけたり海水と一緒に煮詰めたりして作る「藻塩」、岩塩が溶け込んだ伏流水から作る「地下水塩」、海水塩などを水に溶かして不純物を取り除いて作る「再生加工塩」などもあります。

 

上手な塩の使い方

塩の味は種類だけではなく、産地や製造法などによって異なるため、一概に「この種類はこの料理に合う」ということはできません。

ただし、一般的には塩の産地と食材・料理の産地が同じである方が相性が良いといえます。海のものである魚介類は海の塩、陸のものである肉類は岩塩、フランス料理にはフランスの塩、イタリア料理にはイタリア産の塩というように組み合わせるとよいでしょう。

また、食塩や再生加工塩、精製塩などは、味のばらつきが少ないため、料理の塩味調節に適しています。天日塩や平釜塩、岩塩などナトリウム以外のミネラルを多く含んだ塩は下ごしらえ向きです。

 

まとめ

塩を購入するときは価格だけではなく、産地や製法、含まれているミネラルの種類や量に着目して選ぶと使い分けがしやすくなります。種類が異なる複数の塩を購入してテイスティングしならが使ってみるのもよいかもしれません。