アンチエイジング、便秘予防、血行促進など、女性に嬉しい落花生(ピーナッツ)の効能5つと食べる際のポイント。

近年、栄養価の高さから注目を浴びているナッツ類のなかでも、落花生は比較的安価で入手しやすいことから人気のあるナッツです。落花生はマメの仲間で、外殻がついているときは落花生、殻をむいたものがピーナッツと呼ばれます。落花生にはどのような効能があるのでしょうか。

 

落花生の食べ方

落花生は鮮度が落ちやすいため生の状態で流通することはほとんどなく、カラカラに乾燥させたあと炒った状態で販売されることがほとんどです。炒っただけのもの、塩を加えたもの、キャラメルを絡めたものなど種類が豊富で、お酒のおつまみとしても人気があります。また、生の落花生は殻ごと茹でて食べることができます。

 

落花生の効能

落花生には食物繊維、ビタミン、ミネラルのほか、不飽和脂肪酸やポリフェノールなど様々な栄養が含まれています。

 

【腸内環境改善】

落花生には腸の動きを活発にする不溶性食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維の働きによって腸内環境が改善され、便秘予防やデトックス効果などが期待できます。

 

【アンチエイジング効果】

落花生の渋皮にはレスベラトロールというポリフェノールの一種が含まれています。レスベラトロールは人間が持つ「長寿遺伝子」を活性化する作用があり、摂取すると細胞の老化が遅くなり、寿命が延びるといわれています。

また、落花生に含まれるビタミンEは抗酸化作用を持っいるため、アンチエイジング効果も期待できます。

 

【血行促進】

血行を良くする働きがあるといわれるビタミンE、マグネシウム、アルギニンが含まれています。血行促進による冷えの改善や、生活習慣病予防効果が期待できます。

 

【記憶力や集中力アップ】

落花生に含まれるレシチンは、神経伝達物質であるアセチルコリンを作り出し、脳を活性化する働きを持っています。集中力や記憶力の向上効果のほか、脳の老化防止効果などが期待できます。

 

【生活習慣病予防】

落花生に含まれるリノール酸やオレイン酸は悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧を予防する働きがあるといわれています。また、渋皮に含まれるレスベラトロールは抗がん作用のある栄養としても近年注目が高まっています。

 

食べ方のポイント

栄養価が高く美容や健康によいとされる落花生ですが、選び方や食べ方にはいくつかポイントがあります。

落花生には殻つき、渋皮つき、皮なしがありますが、効果を期待するなら殻つきか渋皮つきで「素焼き」と書かれている物を選びましょう。

渋皮がついていないとレスベラトロールを摂取出来ず、効能が薄れてしまいます。また、素焼きではない落花生は加工時に油を使用しており、カロリーオーバーや肌荒れを招くことがあります。

 

ただ、落花生はアレルギーを引き起こす可能性があるほか、食べ過ぎるとお腹が緩くなったりカロリーオーバーになったりすることがあります。1日20~30粒を目安とし、食べ過ぎないよう注意してください。

 

まとめ

落花生はそのまま食べることができますが、お酢に浸して「酢ピーナッツ」にしたり、砕いてホウレン草のおひたしにまぶす、炒め物に加えるなどのアレンジも可能です。好みのスタイルで落花生・ピーナッツを楽しんでみてはいかがでしょうか。