完全食(パーフェクトフード)とは?スーパーフードとは何が違う?

 

近年、健康志向の高まりから完全食(パーフェクトフード)やスーパーフードという言葉が聞かれるようになりました。しかし、具体的にどのような食品を指すのか、完全食とスーパーフードは何が違うのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、完全食とは何か、スーパーフードとは何が違うのかをご紹介します。

 

完全食とは

日本で完全食という言葉が使われるようになったのは1921年、医学界の重鎮である二木謙三(ふたきけんぞう)が使い始めたのが最初だといわれています。

また、栄養学の創設者であり「栄養学の父」ともいわれる佐伯矩(さいきただす)は、1日分の必要な栄養が含まれた食事のことを完全食、あるいは標準食と呼び、毎食を完全食で補う「毎回完全食」が理想であるとしました。

ただし、現在「完全食」という場合、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」で定められた必須栄養素を過不足なく補える食品のことをさします。

簡単にいうと、健康を維持するために必要な栄養素を全て含んだ食品のことです。

 

スーパーフードとの違い

日本スーパーフード協会の定義によると、スーパーフードは「栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること」とされています。

つまり、健康に良い栄養が多く含まれた食品や、特定の栄養が豊富な食品のことで、「必須栄養素を全て含んでいるかどうか」はスーパーフードの条件には含まれていません。

例えば、チアシードは必須脂肪酸である「オメガ3脂肪酸」を豊富に含んでいますが、必須栄養素であるビタミンを含んでいないため、スーパーフードではありますが、完全食ではありません。

 

完全食と準完全食

完全食は必要栄養素が過不足なく含まれている「完全食」と、必要栄養素が全て含まれているものの若干不足する栄養がある「準完全食」に分けることができます。

必要栄養素が過不足なく含まれている「完全食」は、必要な栄養その種類だけではなく量まで計算して作られた加工食品で、アメリカで開発された「ソイレント」や日本で開発された「COMP」「ベースフード」などがあります。

「準完全食」は日常的に食べられている食品や食材で、「玄米」「卵」「納豆」「ヨーグルト」「トマト」「ブロッコリー」「りんご」「キヌア」などが挙げられます。

 

まとめ

完全食には必須栄養素が含まれており、完全食を上手に利用することで必要な栄養素をしっかり補うことができます。

しかし、食事はたんなる栄養補給ではなく、食べることそのものが楽しみやストレス解消という意味を併せ持ちますので、完全食だけ食べていればよいというわけではありません。

完全食だけで食事を賄うのではなく、完全食を毎日の献立の中に適度に取り入れることで健康的な食生活を作っていくとよいかもしれません。